財形貯蓄なら誰でも貯金ができる

お金を貯めたい、貯めなければと思いながらもなかなか実行することができない。貯めてから定期にしようと思いながらも貯められない、そんな人にこそおすすめしたい貯金方法、それが「財形貯蓄」です。ここでは財形貯蓄と普通の貯蓄の違い、なぜ財形貯蓄なら誰でも貯金ができるのかという点についてご説明していきます。


~「財形貯蓄」と普通の貯蓄の違いとは~

jyosei1.jpg

お金を貯めてから定期にする、お金に余裕がある月のみ別の口座に貯めるという風に後から貯めるというのが普通の貯蓄とした場合、財形貯蓄は先取り貯蓄と言えます。毎月振り込まれる給料から、先に決めた金額が引き落とされているので、強制的にその月に使える金額が決まっていく仕組みです。

ただし、財形貯蓄は全ての人が使えるものではありません。自営業者や、会社役員といった雇用されていない立場の人は財形貯蓄を利用することができませんが、もし会社勤めをしているのであれば、検討する価値のある貯蓄方法と言えるでしょう。


~財形貯蓄で誰でも貯金ができる理由とは~

財形貯蓄の最大のメリットは、給料天引きという点です。天引き後の金額が振り込まれますので、通帳を見た段階で今月はこの金額でやりくりしようという気持ちが生まれます。また振り込まれた金額を生活費として全額使ったとしても、決まった金額分は確実に貯金できていますので安心です。

また気軽にATMで引き出すことができないというのも、貯蓄できるポイントと言えるでしょう。意識することなく、確実に貯金ができる。これが財形貯蓄が誰でも貯金ができるといわれている理由です。

ただまだ貯蓄する金額がなくて日々の生活に苦労している人は無職の専業主婦でも借りれるカードローンや今すぐお金を借りるなどのキャッシング情報サイトで生活費を借りた方が良いでしょう。

また消費者金融でお金を借りることに決めている人は無利息キャッシングのプロミスとみずほ銀行カードローン、どちらがお得なの?を参考にするとよいでしょう。